当サイトではネット通販の価格比較、最安値の見つけ方やポイントなどが貯まるお得なネットショッピングの方法について分かりやすくまとめています。

 

 

ネットショッピングといえば世界的にはアマゾンドットコム

ネットショッピングといえば世界的にはアマゾンドットコムが有名ですし、特にアメリカではあまり有力な対抗馬がいないようです。

 

アメリカではウォルマートなど普通の日用品スーパーは大きなお店がどこにでもありますが、クルマ用品以外の専門店となると、人口が全米10位以内の街でも急に見つけるのが難しくなってしまいます。車社会なので、日本のように「駅前に行けば何でもある」というような状態にはなっていません。そのため、アマゾンドットコムのような何でも揃っているネット通販サイトは非常に利用価値が高いのです。

 

しかし、世界各地、特に英語圏以外ではローカルのネット通販サイトやポータルサイトがまだまだ大きな市場を占めています。日本でもアマゾンは人気ですが、まだまだ本やCDのイメージを盛っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

このページでは日本市場で人気のネット通販サイトのポイントシステムなどを比較します。

 

Rポイントが貯まるのが嬉しい楽天市場

 

 

日本ではやっぱり楽天市場が総合ショッピングモールとしては老舗ですよね。

 

たいていはお買い物するごとに1%ですが、楽天スーパーセールを始め、イベント開催時やショップ個別でもポイントが2倍から10倍になることもあります。昔楽天ポイントと呼ばれていたポイントシステムは今はRポイントとなっており、電子マネーとは別物ですが、ブランド化をはかっているようです。

 

 

楽天カードは手続きが簡単でポイントもお得

 

ポイントがお得に貯まるといえば楽天カード。とにかく発行までの手続きが簡単です。クレジットカードなので審査はちゃんと行われますが、それ以外の書類手続きなどがとにかく簡単なんです。

 

楽天市場を猛追するYahoo!ショッピング

楽天市場にがんばって対抗しているのがYahoo!ショッピングです。ポータルサイトのヤフーはオークションのヤフオクではダントツのシェアでしたが、ショッピングは楽天に比べて若干遅れていました。それでも最近では最高ポイント30倍(実質30%オフってことですよ)になるようなイベントセールも定期的に開催し、テレビCMも展開しています。

ヤフーショッピングではTポイントが貯まる

ヤフーもTポイントがたまります。ツタヤさんやファミマさんとの力関係などはあまり分かりませんがソフトバンクがTポイントを利用しており、幅広くポイントが貯まったり利用できる、という点では楽天市場より有利で、実際、当サイト管理人の周囲でも「ネットショッピングはまずヤフーショッピングを見る」という人が多いです。

 

 

 

更新履歴